第55回フローラステークス(GⅡ) 一週間前見解

4月20日更新

2020年 4月 26日 東京競馬場

今回は浅くフローラステークスを予想していきます!

人気データ

人気実際着順
1番人気1-1-0-3
2番人気1-2-1-1
3番人気2-0-1-2
4番人気0-0-0-5
5番人気0-0-1-4
6-10人気0-1-1-23
11-人気1-1-1-34
 (2015~2019年)

過去5年での1番人気の信頼は高いとはいえず、2番人気や3番人気の方がむしろ信頼できる。また、4番人気以降の中穴からの馬券内の確率は低く、むしろ思い切って大穴を狙うのもアリか。

馬券になった馬の前走クラスと本番着順

前走フローラステークスでの着順
GⅢ0-2-3-0
OP1-0-0-0
1勝クラス4-2-2-0
未勝利0-1-0-0
  (2015~2019年)

勝ち馬は前走1勝クラスを1着や2着に好走した馬から多く出ており、頭はこちらから狙いたい。多くの馬が中山や阪神の1800mからの出走が多い。一方、前走フラワーカップなどのGⅢを走った馬は2,3着が多く、こちらは軸ではなく相手として見極める必要がある。

推奨馬

レッドルレーヴ

 現在2番人気に押され、前走フラワーC2着と上記のデータから馬券内は間違いない一頭。来週は良馬場が想定され、血統的にも父キンカメ、母父ディープと芝主流血統である点も評価できる。

穴馬

ウインキートス

 毎回安定した走りを見せるこの馬を穴馬とする。5着に沈んだデイジー賞は休み明けだったことからノーカウントとすれば毎回3位以内の上がりを使って好走している。東京も新馬戦で走っており、コース自体も問題なし。

コメントを残す